ごみ処理から循環で町の負担軽減

■施設整備費(バイオマスの環づくり交付金・補助率2分の1)
  ◎第一期工事分(平成17年度~平成18年度)
     ・メタン発酵施設(施工、㈱三井造船)        5億1966万円
     ・管理学習施設、バイオの丘(施工、㈱熊丸組)  1億8165万円
  ◎外部施設・関連設備など
     ・外部液肥タンク、車庫                  約7800万円
     ・液肥散布車両・運搬車両他              約4000万円

  ◎第二期工事分(平成19年度~平成20年度)
     ・農産物直売所・郷土レストラン・交流広場など  約1億9千万円

  ◎総事業費                              約11億円 
                  
■燃やすごみ・し尿処理委託料
  ◎燃やすごみ                 年間8000万円~9000万円
  ◎し尿・浄化槽汚泥              年間6300万円程度(平成16年度)

■ごみ処理費用より運営費用も減額
  ◎おおき循環センター運営費用概算              約5千万円