「くるるん」で生産した有機質や微量成分を豊富に含んだバイオガス液肥「くるっ肥」で栽培中の「くるるん米」は、現在順調に生育しており、まもなく収穫の時を迎えます。
5月に「くるっ肥」を散布した56haのうち46haのほ場では、福岡県減農薬減化学肥料栽培基準を満たす栽培方法での取り組みを行っており、大木町産のブランド米「環のめぐみ」が誕生する見込みです。
町民の皆さんが分別した生ゴミが、安全でおいしいお米になって帰ってきます。
町民の皆さんには今年も低価格での販売を予定していますので、ぜひご賞味ください。



くるっ肥を使って米づくりをする中村勝さん(前牟田東区)
「くるるん米は元気に育っています。」